クレジットカードで払えるの?

自動車税はクレジットカードでの支払いが可能な場合があります。
都道府県でクレジットカードの税金の支払いに対応しているようなら問題ありませんが、すべての自治体が対応しているわけではないので、注意が必要です。

 

提携のクレジットカードであっても、国際ブランドが付帯していれば利用できることが多いです。
決済システムは都道府県によって違いがありますが、カードのポイントが付いたり、決済システムと提携しているポイントを使用して支払いができたりするメリットもあります。

 

また、パソコンやスマートフォンから、インターネットを利用して支払いが可能なので、わざわざコンビニエンスストアや金融機関まで出向かなくても納められ便利になっています。
他の支払い方法と違い、決済手数料がかかります。

 

ただし、ポイントの還元率が1%以上のクレジットカードなら損はしないと考えられます。
税金の支払いに口座振替を利用している場合は、認められないことがありますので、事前に利用の中止を忘れないようにしましょう。

 

自動車税の納付には少し注意が必要になります。

 

都道府県によっては、自動車税納付確認の電子化が始まり、車検を行う際に必要になっていた納税の証明書が不要となった所があります。

 

そのため、クレジットカードを使って支払いを済ませると、納税証明書を発行しない所が増えています。
ただし、クレジットカード決済の納付情報が、都道府県に通知されるまでには一定の時間がかかります。

 

納付後、直ちに車検を行う場合は、自動車税の納付が確認できない恐れがあります。

 

その場合は、クレジットカード決済をせずに、金融機関もしくはコンビニエンスストアで支払いを済ませた方がいいでしょう。
証明書が手元にありますので、確実に支払ったかどうかが確認できます。