自動車税の還付金について

自動車税とは、年度毎に自動車を所有している人に課税される税金(地方税)です。
この税金は、基本的にその年度1年分の税金を前もって納めることになっています。

 

よって、もし年度の途中で車を廃車した場合には、前もって納めた自動車税は還付されることになります。
この際の還付金の計算は、廃車手続きをした翌月から年度最後の3月までの自動車税を月割で計算します。
この自動車税還付を受けるためには、前述したように車の『廃車手続き』をしなければなりません。

 

廃車手続きといっても、ただナンバープレートを外すとか、車を解体するだけではなく、陸運局にて一時抹消登録あるいは解体抹消登録(永久抹消)を行う必要があります。
一時抹消登録については、一時的に使用を中断するためのものであり、ナンバープレートを外して返却します。

 

解体の必要はありませんので、必要になればいつでも車の使用を復活させることが可能です。

 

一方、解体抹消登録(永久抹消)は、車の解体が前提の手続きとなります。
車を解体業者に頼んで解体しますと、作業完了後に移動報告番号と呼ばれるものが出されます。
これが解体抹消登録時に必要となります(もちろん、ナンバープレートの返却も必要です)。

 

なお、車検期間が残った状態で解体抹消登録を行うと、自動車税とは別に自動車重量税の還付も受けることが出来ます。
ちなみに原則として、自動車税の還付は当年度の納税義務者へ行われます。
年度の途中で中古車を購入し、その車の抹消登録を行ったとしても、基本的には自動車税の還付を受けることは出来ないのです。
また、軽自動車に関しては、年度の途中で抹消登録を行っても、納めた軽自動車税は還付されないことになっています。