軽自動車の自動車税について

自動車を維持していく上で必要となる経費のひとつに自動車税があげられます。
自動車税は軽自動車と普通車で体系が異なります。

 

ここでは、軽自動車と普通車の自動車税の比較を行っていきます。

 

まず、普通車は総排気量によって段階的に金額が設定されます。

 

29,500円〜110,000円までの幅があります。

 

これに対して軽自動車の場合は、排気量は660cc以下と定められている為、排気量による区分けはなく、乗用か貨物か、自家用か業務用かの違いによって4段階に分けられます。
金額は、貨物の業務用では3,000円となり、乗用の自家用では7,200円となります。

 

これは普通車と比較するとかなり安く抑えられているといえます。
但し、軽自動車税は、原動機付自転車と同じで市町村税となるので、自治体によっては値段が違うこともあることを覚えておいて下さい。

 

また、2015年4月1日以降に新規で登録された車両は、乗用の自家用の場合、従来の7,200円から10,800円に増額となりました。
これは従来と比べると1.5倍になりますが、それでも普通車と比較しても半分以下となります。
軽自動車に対する優遇措置があるからです。

 

当時の通産省が、自動車の普及させる為に、軽自動車を購入しやすいように優遇をした政策によって生まれ、今日まで受け継がれてきたものとなります。
また、これまで軽自動車には普通車に課せられている自動車重量税は課されていませんでしたが、2016年4月1日以降は、新車登録から13年を経過した車両に対して、自動車重量税が課されることも決まっています。

 

今後、軽自動車と普通車との税金の格差が論議されることになるかもしれません。