還付金の手続きや名義変更について

所有する自動車を使用しなくなった場合の手続きには、ナンバープレートのみを外し、陸運局(あるいは軽自動車協会)に返却して一時的に使用を中止する『一時抹消登録』と、車自体を解体する『解体抹消登録』の2種類があります。

 

解体抹消登録は、一時的に使用を中止するだけの一時抹消手続きと異なり、その車は解体されますので永久的に抹消されることになります。

 

解体抹消を行うには、まず解体業者に車の解体処分を依頼し、解体後に出る『移動報告番号』を持って解体抹消登録を行わなければなりません。
解体抹消登録では、登録時に車検期間が残っている場合に自動車重量税や自動車税の還付があります。

 

自動車税については、抹消登録をした翌月から翌年3月まで自動車税を月割りで計算して、既に支払った自動車税との差額の還付を受けます。
都道府県の自動車税窓口での手続きは特に必要ありません。

 

自動車重量税については、解体抹消の申請書に所有者の氏名とともに還付金振り込み先の口座番号を書く欄が設けられています。
還付がある場合にはそこに記入すれば、後日振り込まれますが、代理で受け取る以外はあくまで所有者に還付されます。

 

万が一、所有者にディーラーなどが付いている場合には、解体抹消登録前に名義変更(所有権移転)を行うことになります。
この名義変更は、解体抹消登録と同時に申請することが可能です。

 

ちなみに所有者変更に伴う名義変更の場合には、現在の所有者の譲渡証明書と印鑑証明書、そして委任状が必要になりますので、手続きの数日前に取り寄せなければなりません。
なお、この手続きは普通車も軽自動車も同じとなりますが、普通車は陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会での登録となります。