月割り計算がよくわかりません!

自動車税の計算の基準日は、4月1日時点になります。
4月1日時点に、自動車を所有している方へ自動車の税金の納付書が郵送されます。

 

自動車を登録した月の翌月から翌年の3月までを、自動車税の年税額に月割り計算を行います。

 

自動車の年税額×(自動車の登録月の翌月から翌年の3月まで÷12カ月)という月割り計算になります。

 

新車購入時には、その内訳に、登録月があるので、その登録月から翌月から翌年3月までの月数を12カ月で割った数字で、自動車税の年税額をかけるとよいのです。

 

月割り計算を行なわれているため、登録抹消などで、税金が還付になる場合もあります。
廃車時に届け出ることで(自動車会社などに頼めば手続きは不要)、還付を受けることができます。自動車税は地方税なので、車種により道府県または市町村が窓口です。

 

自動車税は納付期限があるため、納付期限が過ぎれば過ぎる程、延滞税がかかります。
現在は、便利な口座引き落としもあります。

 

ただし、車検時には、自動車税の支払った領収書控えまたは納税した証明書が必要になるため、納めたあとの領収書などはなくさないように保管してください。

 

自動車の税金は、基準日が4月1日〜翌年3月31日であること、その年度途中の新規取得の場合は、登録月の翌月から翌年3月までの月数を12カ月で割った金額を、車種ごとの自動車税の年税額にかけてあげることで、月割りの税金の金額がわかるようになります。

 

車にかかる税金は、その他にも取得時にありますが、自動車税は月割りの計算が行われていることに注意しましょう。
そして、納付期限に遅れないようにすることで、延滞税のつく心配もなく、余分に納める心配もなくなります。